« 第57話 家を燃やす者 | トップページ | さくら横丁 »

2012年9月17日 (月)

第58話 連れ去る者


_16_0046


(突然の火災に見舞われ、全てが灰塵と化した藍染パパファミリー。)
帰省した次男修兵「マジかよ…ツイてないってLVじゃねーぞ」

_16_0047

ペットのリサ「リサ 何にもいらないでちゅ。アナタと王子様さえぶじなら…」
(何処までも自己中心的なペットのリサ。火事を気にしていない様子です)

_16_0048

(と、その時 家の前に一台のゴージャスな車が。リムジンです!)

_16_0003

(中から黒衣の貴婦人が降りてきました。全てが謎の女性です)
黒衣の貴婦人「ホホ…問題が発生した様子ですね。」

_16_0051_2

(突然の火事に突然の来客!とりあえず家の外に並ぶ子供達)

黒衣の貴婦人「ホホ…初めまして。わたくしはこの町内が女帝です。」
ペットのリサ(何者でちゅ?町内TOPはこのワタチでちゅよ!)

_16_0050

黒衣の貴婦人「ココにマニーの用意があります。火事のトラブルはこれで解決し
         小さな子供は預かります。よしなにしましょう」
次男修兵「はは~っ、ありがたき幸せ。」

(流れるように話を進める町内女帝。ぼう然と話を聞く子供達)

_16_0010

黒衣の貴婦人「ココに荷馬車の用意があります。あなた達は皆乗ります」

ペットのリサ(ワタチは?リサは王子様の抱っこがいいでちゅ)

_16_0012

A乱菊「なんなの?あたし達をおニューの家にでも連れてってくれるの」
黒衣の貴婦人「ホホ…それは着いてのお楽しみです」

(ワケもわからず、言われたまま荷馬車に乗り込む子供達)

_16_0013

(そして発進!一匹取り残されるリサ)

黒衣の貴婦人「イヌは、業者が迎えに来ます。それでは」
ペットのリサ(まって~!ワタチの王子様~!)

_17_0000

(懸命に追いかけますが相手は車。グングン離されてしまいます)

_17_0003

???「おお、車が。あぶないから飛び出してはいけないよ」
(その先では どこかで見た様な人物が散歩を楽しんでいました。)

_17_0004

(なんと!藍染パパ家の家長にして 元・天に立つ教の教祖です!)

_16_0016

A乱菊「いまの見た?どこかで見覚えあるような…」
(荷馬車に揺られながらも、父親の姿になにかを感じる長女乱菊)

_17_0001

ペットのリサ「おなかすいたでちゅ。このキノコ食べれまちゅかね」
(沢山走って空腹のリサ。野生のキノコをかじってみます)

_17_0014

ペットのリサ「あぃ…ダメでちた。リサ ここまでかもしれまちぇん」
藍染パパ「君は…リサ!?何故こんな山奥に」

_17_0011_2

ペットのリサ「パパ。リサおなかすきまちた…」
藍染パパ「HAHAHA。あいかわらずのようだね、リサは」
(思わぬところで再会を果たした一人と一匹。偶然を喜びます)

_17_0015

クマパパ「許してくれ。俺は全て間違っていたクマ」
クママ「!?帰ってきてくれたのね、アナタクマ!」
モモ   「クママ~!クマパパ~!」

藍染パパ「おお…!またひとつ、家庭を救ってしまったようだよ。」

_17_0017

(全ては謎だがクマ家の問題を解決した藍染パパ。別れの書をしたためます)
ペットのリサ「何をしてるんでちゅか?リサ 字はよめまちぇん 」

_17_0018

クママ「あの人は、旅立ってしまったクマね。」
クマパパ「探し求めるよう 生まれついたお方なのかもしれないクマ…」

_17_0021

藍染パパ「別れも済ませた。では 行こうかリサ。私たちの旅路へ!」
ペットのリサ(そうでちゅねパパ。王子様がワタチをまってまちゅ!)

偶然に偶然が重なり 行方不明の家長と再開出来たリサ。
ふたりは新たなる旅路へと 第一歩を踏み出す!
連れて行かれた子供たちはどこに?
ちんどんコンビは一体、ドコへ向かうのか?

~つづく~

« 第57話 家を燃やす者 | トップページ | さくら横丁 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/47101237

この記事へのトラックバック一覧です: 第58話 連れ去る者:

« 第57話 家を燃やす者 | トップページ | さくら横丁 »