« 第49話 土に埋まる者 | トップページ | 第51話 天で戦う者 »

2012年4月10日 (火)

第50話 森で迷う者


奇跡的に土中からはい出し、生還することに成功したアイゼン教祖。

_5_0004

(森で行き倒れていました。)

_13_0000

アイゼン教祖「パトラッシュ…。私は、もう…疲れてしまったみたいだよ…。」
(その様子を偶然目撃する者が。森のクマです!)

_13_0003

森のクマ「食べ」
アイゼン教祖「おお、なんと!くれるというのかい、私にその干し魚を…!」

_13_0004

(行き倒れていた所をクマに救われるアイゼン教祖。珍無類の出来事です!)
森のクマ(出て行った主人に似てる。タイプだわ…ポッ)

その頃、自宅では…

_1_0025

次女乱菊ちゃん「服も着替えた、おやつももった。パパを探しに行きましょう!」
ペットのリサ「やれやれ、仕方ないでちゅね。リサ お供しまちゅ」

_1_0026

(父の帰りを待ちわびた子供達。捜索に飛び出しました!)
ペットのリサ「ああ、救いようのない。迷子への道のりに自らとびだしてゆくなんて…」

_14_0057

(パパがいそうな場所を探してさまよう子供たち。町内で最も深い森に分け入ります)

_14_0055_2

ペットのリサ「なんでちゅかコレは!だれかのひみつ基地がありまちゅ!」
(森の奥には、キノコの村が広がっていました。)

_14_0080

次女乱菊ちゃん「コマンツナ~ラ~っ パパいませんかー!」
(中に向かって呼びかけてみる子供たち。応答はありません。)

_14_0082

四男ギンちゃん「中はいってみる?」
次女乱菊ちゃん「誰か居るかもしれないしね…」

_14_0063_3

(キノコハウスに潜入する子供達。内部は普通の家でした)
次女乱菊ちゃん「パパいないね~ガックリ」

_13_0016

ペットのリサ「むむっ!この村あやしいでちゅ。パパのニオイがプンプンしまちゅ!」
(リサもハウスに入ります。そこで藍染パパのニオイをキャッチしました!)

_14_0060

(その頃、外には食事をとる子供達の姿が。)
四男ギンちゃん「誰のか知らないけど、ご飯のしたくしてあってよかったね!」

_14_0068

(と そんな中、キノコハウスに近づく一匹のクマ影が。子グマです!)

_14_0072

ピンクの子グマ「ただいま~。あたちの熱々スープ、そろそろ冷めたかしら…って、
           あたち達のご飯が!どっか消えたワ!」

(なんという事でしょう。子供達の食べた食事は、クマのものだった模様です!)

_14_0086

ピンクの子グマ「ちょっと、そこのアンタ!どこの森のクマよ?あたちのご飯は?」
(勝手に食事を食べられてしまい、怒髪天のピンクの子グマ。子供達に近づきます)

_14_0070

子供たち「ぎゃ~っ!クマだにげろ~!パパーッリサーッ!!」

_14_0071

ピンクの子グマ「こら~っ!あたらしいパパならあたちのものよ!待て~っ」
(意味不な事を叫びながら、子グマが二人を追いかけます。絶体絶命です!)

_14_0074

??「お待ち、そこの毛むくじゃら。おまえの相手はこの ワタチ!」
(そこに突然、全てが謎の毛むくじゃら(白)が現れて間に割って入りました!)

_14_0077_2

ピンク子グマ「なんですってぇ!?この無礼もの!高貴なあたちにむかってよくもっ」
(突然現れた謎の毛むくじゃら(白)に激怒するピンクの子グマ。とその時…)

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

_14_0001

(まぶしい光が二匹を包み、全てが謎の不思議な場所へ導きました。)

一体、どういうことなのでしょう。二匹の毛むくじゃらの運命は!

~つづく~

« 第49話 土に埋まる者 | トップページ | 第51話 天で戦う者 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/44820727

この記事へのトラックバック一覧です: 第50話 森で迷う者:

« 第49話 土に埋まる者 | トップページ | 第51話 天で戦う者 »