« 第47話 マダム卯の花女学院 | トップページ | 第49話 土に埋まる者 »

2012年3月25日 (日)

第48話 マダム卯の花女学院

学院長であるマダム卯の花の急な不在に、大喜びの生徒たち。

_7_0135

講師・夜一「どうじゃ!わしの魔法でご馳走バイキングじゃっ!!」
最古参の砕蜂ちゃん「ああ…!サイコーです、夜一様っ!!」

_7_0139

中堅ネムちゃん「~♪~♪~♪」
(なんという事でしょう!真面目なネムちゃんでさえも、上級生に毒されています!)

_7_0131

最年長乱菊「酒は辞めても、お洒落は止められないわ…あたし。
        既にあたし自身、ファッション界に生きている!」
(謎の台詞をつぶやきながら、弓親のお店で最高級のドレスを纏め買い中です!)

_7_0091

(その頃、外では恐ろしい事態が発生していました。
どこからともなく現れたカエルの大群が、ご馳走にむかって押し寄せていたのです!)

_7_0092

(間の悪いことに、カエルと同時にマダム卯の花もやってきました。)
マダム卯の花「ホホ…。予定より早く戻って来れたようです。」

_7_0099

マダム卯の花「なんてこと…!この町内の女帝であるわたくしが、このような目
          に…!」

_7_0098_2

マダム卯の花「…あなたたちのゲコ面には、心底ウンザリさせられます…。
          死ねーっ!!」
(なんという事でしょう!普段冷静なマダムが雄たけびを上げたかと思うと、
魔女のいかづちを落としました!散り散りに逃れるカエルたち)

_7_0164

(マダムの帰宅を動物的な直感で察知し、あわてて逃げるレディーたち。)
講師の夜一「急げ~っ!はやくベッドに入って、寝たふりをせい~っ!!」

_7_0144_2

(マダムの怒りは、大地の怒り。止められるはずもありません)
マダム卯の花「くだらない魔法なぞ使うからです!レドモ・ニトモ・ナンミ~ッ!」

_7_0166

講師の夜一「終わりの魔法じゃ…。わしのご馳走も、消えてしもうた…」
最古参の砕蜂ちゃん「またチャレンジしましょう、夜一様」

_7_0147

(魔法で作った全てを無に帰す呪文を唱えたマダム卯の花。
その被害は思わぬところに及んでいました)
デザイナー弓親「ああっ!マニーが突然消えてしまった!請求書だけが残ったさ!」
(なんと!最年長・乱菊が払ったマニーが全て消えてしまった模様です!)

_7_0133_2

(実は弓親、最年長乱菊の大量のお買い上げを配達するため車を購入していました。
ドレスを制作するための材料も最高級品を使用するため、請求書も高額でした)

_7_0148

デザイナー弓親「ううっ、あの金髪女のせいで僕のお店が…!」
(結果的にすべてを失ったデザイナー・弓親。
まるでアントワネットに飛ばれた、ローズベルタンの心境です)

_7_0160

デザイナー弓親「美しく、高額なドレスを売ることは…
                踏み倒される危険と隣り合わせ…。
                       そんなことさえ、知らなかったのさ…」

(コンテストで優勝し、自分の店を掴み取り 上流階級にも認められた弓親。
  しかし、悪夢のような一日ですべてを失ってしまいました。
  彼はまた、ファッション界の寵児に這い上がれるのでしょうか!?)

~つづく~

« 第47話 マダム卯の花女学院 | トップページ | 第49話 土に埋まる者 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/44622315

この記事へのトラックバック一覧です: 第48話 マダム卯の花女学院:

« 第47話 マダム卯の花女学院 | トップページ | 第49話 土に埋まる者 »