« 第44話 天に立つ者 | トップページ | この度の大震災について »

2011年3月10日 (木)

第45話 塀の外の懲りない面々

前回、もと御曹司ビャクヤっちゃまの活躍をラジオで聞き涙した二人。

_2_0001

(逃亡中の身なれども、危険を冒して贈り物を届けることにしました!)

_2_0022

(藍染パパ家のチョコボにまたがり、出発です!)

_11_0000

(それは長い道のりでした。時には道なき山を越え…)

_11_0003

(何故か柱に進路妨害されている蝶を目撃し…)

_11_0004

レンじぃ「おいおい、俺らは追われる逃亡者だぜ!そんなの放っとけヤイ」

_11_0008

蝶たち(ありがとう!この柱には迷惑してたの、ありがとう!)
なんと!イッチーは蝶たちの為に柱をケり倒してあげました。

_11_0009

(するとどうでしょう!何処からか沢山の蝶が現れ、ドンドン通り始めたのです)

_11_0011

蝶たち(ココは唯一安全な蝶達の通り道なの!ありがとう!さようなら!)
道中ささやかな虫助けをしつつ、旅を続ける二人なのであった。

_11_0014

(そして遂にビャクヤっちゃまの住む浦原寮に到着しました!)

_11_0015

(そこは和の風情漂う古民家でした)
レンじぃ「到着したって寸法よ!ちょうど留守してるみてえだな」

_11_0016

イッチー「道路に置いて盗まれても参るし、ココがいいんじゃないか」
(置き場所についてああだこうだ悩む2人。蝶たちが密かに見守っていた)

_11_0017

(その時、寮の前に一台の車が停車!パトカーです!)

_11_0018

レンじぃ「ヤベ~ッ!おまわりだ!ズラかる暇もねー!」
イッチー「なん…だと…」
(中からは七緒婦警が。2人の方に歩いてきます)

_11_0019

蝶たち(急いで、イッチー&レンじぃ!私達が時間を作るわっ)
なんと!突然沢山の蝶が現れ、七緒婦警の視界を塞ぎました!
七緒婦警「何ですか?この蝶達は。ヒラヒラで前が見えません」

_11_0020

(蝶たちのお陰で無事に逃げる事が出来たイッチー&レンじぃ。)
イッチー「蝶の恩返しってワケか…助かったぜ!」

_11_0021

七緒婦警「あら、住所を間違えたみたいです。正しくは隣の家でした」
(なんと!七緒婦警は訪問先を間違えただけの様子です!)

_11_0022

(その日の深夜。撮影を終えたビャクヤっちゃまが帰って来ました)
浦原マネージャー「フー!今日も凄い量のファンレターが来てるっス」

_11_0023

浦原マネージャー「山盛りのファンレターに贈り物。全てアナタ宛てッスよ!」
夜一さん「なんじゃ、その箱は?はやく開けるが良いぞビャクヤ!」

_11_0026

(箱を開けてみるビャクヤっちゃま。中からはケーキが出てきました)
夜一さん「おお、食べ物か♪わしも共に食べるからの!」
ビャクヤっちゃま(何だ…?何故か気になる、この洋菓子…)

_11_0027

夜一さん「うむ、うまい。イチゴとオレンジの味が効いておる!」
ビャクヤっちゃま(イチゴとオレンジ… そうか、2人か…)
(夜一さんの言葉に、何か思い当たる事がある様子のビャクヤっちゃま。)

_11_0030

ビャクヤっちゃま(あの2人も何処かでこの月を見ているのだろう…)
(その日の深夜。外に出て子分達の安否に思いを馳せるビャクヤっちゃま。
その姿を蝶と月だけが見ていたのでした)

~つづく~

« 第44話 天に立つ者 | トップページ | この度の大震災について »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/39171208

この記事へのトラックバック一覧です: 第45話 塀の外の懲りない面々:

« 第44話 天に立つ者 | トップページ | この度の大震災について »