« 第43話 マダム卯の花VSアイゼン教祖 | トップページ | 第45話 塀の外の懲りない面々 »

2011年3月 5日 (土)

第44話 天に立つ者

マダム卯の花との決闘に敗れ、土に埋められてしまったアイゼン教祖。

_5_0002_2

(その最期は、藍染パパ家長男の市丸ギンだけが見届けたのでした。)

_5_0010

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(その頃、遠く離れたどこかの空では…)

_5_0016_2

天に立つ者「何だねココは?私はどうしてこんな所に…」

_5_0018

????「パパ ワタチでちゅ。」
藍染パパ「!!君は…リサ?いつの間にそんな大きく」

_5_0020

リサ「ココは雲の上の国!パパは死んでしまったのでちゅ。」
藍染パパ「なん…だと…。この私が、死んだだと…」
(あまりにも突然なリサの宣告に動揺を隠せないでいる藍染パパ。)

_5_0021

リサ「最近のあなたはよくないパパでちた。家を空け 子供たちはお留守番」
藍染パパ「そうかも知れない。しかし私には果たすべき偉業があってね。」

_5_0022

リサ「話し合いはムダのようでちゅ。ガスパール、パパにアレを」
助手のガスパール「承知でち。コレをどうぞ!あなたのでち」
(どこからか現れたガスパールが藍染パパに切符を渡しました)

_5_0024

(なんと!切符を受け取った瞬間 パパの姿が変化しました!)
藍染パパ「何だこの姿は!これが私だというのかい!?」
リサ「行き先によって変身するのでちゅ。気にしないことでちゅ」

_5_0025

リサ「パパは2番ホームでちゅ。さようならパパ…」
(なにやら解りませんがリサの言うとおり進んでみる事に。)

_5_0026

(そこは暗くて物々しい雰囲気のホームでした)
藍染パパ「なんなのだココは…?この尋常ならざる雰囲気、ただ事ではない」

_5_0030

藍染パパ「少しお尋ねしたい。私は天に立つ予定の者なんだがココはどこかな?」
スケルトンA「おいおい!あんた冗談うまいね♪ココは地獄行きの2番ホームだよ」

_5_0028

スケルトンA「隣の1番ホームが天国行き。俺達アウトローには縁のない話さ!」
(なんと!パパは2番ホームで地獄行きになってしまった模様です!)

_5_0031

スケルトンA「俺達アウトローが天国に行ったら向こうでも悪さするだろ?
 だからココできっちり仕分けされちまうって寸法さ!」
藍染パパ「なん…だと…?この私がアウトローで地獄行き…」

_5_0032

(その時、タイミング良く列車が滑り込んできました!)
『~2番ホームに、地獄行き特急列車が入ります、ご注意下サイ』

_5_0034

リサ「お見送りにきまちた、パパ。」
藍染パパ「リサ…これは何かの間違いだ、これは私のチケットでは無い!」

_5_0035

リサ「往生際が悪いでちゅよ!あなたはワタチの王子様の仇!乗るでちゅ~っ」
藍染パパ「なにを言っているんだリサ!?それは私の事ではないっ」
(なんと!リサが意味不明な事をわめきながら藍染パパを押し始めました!)

_5_0037

(とりあえず猛ダッシュで逃げるパパ。地獄行きの列車に乗せられてはたまりません!)

_5_0038

藍染パパ「うお~っ私は全てを超越した存在!コレは何かの間違いだー!」
(なんと!パパはそのまま猛スピードで雲の上から飛び出しました!)

リサ???「そうでちゅよ、パパ。あなたはまだ死んではいけない!」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

マダム卯の花との決闘に敗れて大地に埋められ、雲の上の国に行き
そこで地獄行きの宣告をされ急遽脱走、雲の上からダイブした藍染パパ!
果たしてどうなってしまうのでしょうか?

~つづく~

« 第43話 マダム卯の花VSアイゼン教祖 | トップページ | 第45話 塀の外の懲りない面々 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/39115643

この記事へのトラックバック一覧です: 第44話 天に立つ者:

« 第43話 マダム卯の花VSアイゼン教祖 | トップページ | 第45話 塀の外の懲りない面々 »