« 第36話 スカウトされてすまん!ビャクヤっちゃま家 | トップページ | 第38話 マダム卯の花女学院  »

2011年2月22日 (火)

第37話 塀の外の懲りない面々 

  ゴールド浮竹が主催する仮装コンテストに、奮って応募した弓親。

_2_0006

数日後、藍染パパ家の兄弟が訪ねてきました。

_2_0020

次男修兵「お~い、大変だ~!TVでやってたぜ~!」
(何事でしょうか?次男修兵と三男イヅルがチョコボに乗って駆けてきます)

_2_0047

次男修兵「このラジオを聴くんだ!TVは重くて運べなかった。ゼ~ハ~…」
イッチー「ひょっとしてミュージシャンデビューしたとか?ヒソヒソ。」

_2_0059

ラジオ『~そんな訳で、栄えある優勝者は…ムッシュ弓親♪おめでとう!』
(なんと!弓親のドレスが優勝した模様です!家の前に止まる一台のリムジン。)

_2_0060

(中からカメラマンや謎の人物が降りてきます)
逃亡者たち「何事だ?いったい何が始まるってんだ?」

_2_0061

プレゼンター「始めまして弓親!私はプレゼンターⅩ!優勝おめでとう!」
(なんと!早くも弓親を表彰しに現れた模様です)

_2_0064

(そのまま始まった、優勝者インタビュー。)
Ⅹ「~ムッシュ弓親のアトリエです!彼の挑戦はここから始まったのです!」

_2_0066

弓親「彼らは僕のスタッフだよ♪高い技術をもち、最高級布地を糸から作るのさ!」
(異論も唱えず、黙って糸をつむぐ三男イヅル。逆らう元気もない様です)

_2_0068

弓親「僕のドレスは、糸から手作りした最高級のオートクチュールさ!
 そんなドレスも僕が着るとタダの布切れ…何故なら僕は、ドレスよりも美しいからです」

_2_0025

ゴールド浮竹の計らいで、優勝者である弓親のショーがスタジオで開催されました!

_2_0028

(弓親の若々しい才能をぶつけた攻撃的なデザインのドレス達。)

_2_0030

そのぶっとんだデザインセンスは、スター達のお気に召した模様です。
(仮装コンテストに参加中のビャクヤっちゃまが!)

_2_0032

(ドレスを気に入ったビャクヤっちゃま。飛び入り参加してくれる事になりました)

_2_0034

弓親「スターが僕のドレスを気に入った?違うね!ドレスがスターを気に入ったのさ♪」
(どこまでも強気なプラス思考の弓親。)

_2_0039

(スタジオでまたもインタビューが始まりました!)
弓親「僕が心配なのは、僕のドレスが美しい余りに着る人の方が霞む事かな…?」

_2_0043

(どこまでもナルシーな弓親のキャラは、一部のシム達の心をがっちり掴みました)
もの好きなシム「ワ~♪弓親の家だ~!写真撮ろーぜ!」

弓親「ふんふん、ここが僕の店か♪マダム卯の花女学院隣…だって!」

(コンテストに優勝し、スターにも気に入られ、賞品に店を貰った弓親。
このままファッション界の花形となれるのでしょうか!)

~つづく~

« 第36話 スカウトされてすまん!ビャクヤっちゃま家 | トップページ | 第38話 マダム卯の花女学院  »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/38975625

この記事へのトラックバック一覧です: 第37話 塀の外の懲りない面々 :

« 第36話 スカウトされてすまん!ビャクヤっちゃま家 | トップページ | 第38話 マダム卯の花女学院  »