« 第33話 妄想ドリームハウス | トップページ | 第35話 塀の外の懲りない面々 »

2011年2月18日 (金)

第34話 藍染パパファミリー

急にケチになった藍染パパにショッピング枠を削られてしまい
アルコールに走った長女乱菊。

_1_0036

謎の勤務先から帰宅した藍染パパが、何やら考え込んでいます。

_1_0000

藍染パパ「乱菊、ちょっといいかな。玄関の酒瓶についてだが…」
長女酒乱菊「!」

_1_0023

なんと!パパに見られてしまいました!

_1_0024

藍染パパ「…どうやら、説明を要する事態のようだね」
(なんと長女酒乱菊、酒ビンについて藍染パパと親子面談する羽目に!)

_1_0023 

長女酒乱菊「あたしにお説教しようたって、そうはいかない!
親父を大人しくさせる『シムギヌスの槍』をあたしは掴んでいる!」
藍染パパ「?何を言ってるんだね?落ち着きなさい」

_1_0021_2

長女酒乱菊「見たのよ、不審行動をね。あたしの目は全てを見通すの!
急にどケチになったのも、外に女を囲って貢いでいるからに違いないわ!」

_1_0024

(愛人…だと…?)
長女乱菊の爆弾発言に、藍染パパ一家の誰もが黙った。
三男イヅル「確かに、藍染父さんは急にマニーにシビアになったけど…」

_1_0003

藍染パパ「乱菊、君はアル中になっている。助けが必要だ。
 ついでにレディーとしての教育も1から受けなおす必要がある」

_1_0005

藍染パパ「こんな事もあろうかと、私は女学校の入学手続きを済ませておいたよ。」
長女酒乱菊「なん…ですって…(このあたしが、女学校!?)」
(異例の事態に、家族達が集まってきます)

_1_0004

藍染パパ「本来なら君は年齢オーバーなのだが、特例として入学を許可されたよ。
最年長の生徒として、他の生徒達の模範となれるよう…ウンヌン…」
(パパの勝手な行動に、屈辱のあまり気絶する長女乱菊。)

リサ(立てまちゅか?レディーは床で寝ちゃダメでちゅ)

_1_0029

(用意のいいことに、早速迎えの車が来ました)

~長女酒乱菊の心境ポエム~
「こんな日が来るなんて…!嫁ぐワケでもないのに家を出る日が来るなんて…
 ドレスだ ケーキだと浮かれていた頃は 想像さえしてみなかった」

_1_0030

長女酒乱菊「皆の事、頼んだわ…今のあんたになら任せて行ける!」

_1_0031

次女乱菊ちゃん「ワ~ン!おねえちゃん何で行ってしまうの?」
(家族が続々と見送りに来ました。別れを嘆く兄弟たち)

_1_0032

四男ギンちゃん「おねえちゃん行っちゃやだよ~!明日帰ってきてよ~」

_1_0033

(とうとうお別れの瞬間が来ました!こらえ切れずに一斉に涙する家族たち)

長女酒乱菊「あんた達を置いて家を離れるのはつらい…皆家事スキル0だし。
 しかし愛すべき家族たちよ、あたしは行ってきます」(長女乱菊も料理0である)

_1_0036

ちびっ子たち「ワ~ン!ワ~ン!」

~長女酒乱菊の心境ポエム~
「あの人たちと離れる日が来るなんて…
 ショッピングなしで生きていくなんて…!

 お…お!
 かならずや 舞い戻って見せるわ

 あたしは…藍染パパファミリー家の長女!
 またの名を『アントワネット乱菊』なのだから…!

 おお…!(ポケットの中にマニーが!誰かがくれた餞別かしら?)

~つづく~

« 第33話 妄想ドリームハウス | トップページ | 第35話 塀の外の懲りない面々 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/38912560

この記事へのトラックバック一覧です: 第34話 藍染パパファミリー:

« 第33話 妄想ドリームハウス | トップページ | 第35話 塀の外の懲りない面々 »