« シムピと涙と再インストール | トップページ | 第22話 塀の外の懲りない面々 »

2011年1月11日 (火)

第21話 かちこんですまん!ビャクヤっちゃま家

  「自宅に放火した疑い」で牢屋に入れられてしまったビャクヤっちゃま。

_7_0036

爺やのレンじぃと従僕のイッチーは納得がいきません。

_3_0000

レンじぃ「ビャクヤっちゃまは潔白だ。シロなんだ!信じてくれねーか?」
イッチー「もし放火犯なら、今頃アフロっちゃまになってるハズだ。そうだろ?」
石田署長「いや。残念だがその理屈はおかしい」

_3_0002

(その頃 表には…)
只者ではないオーラを全力で放つ、一台のオープンカーが!

_3_0004_2

浮竹さんと日番谷くんです。 警察署に何用でしょうか。
重そうなカバンを沢山運んできた模様です。

_3_0005

浮竹さんは石田署長に面会を求めます。
「石田署長、はじめまして。俺は億万長者のゴールド浮竹!
 ビャクヤっちゃまの問題をマニーで解決しにきたよ」 

_3_0022

ビャクヤっちゃまが呼ばれます。釈放です!
(この町ではマニーの力で出来ないことなど無いのです)

_3_0031

(一方、廊下では…)
「おらおら石田ー!ビャクヤっちゃまを出せ~!!無実だー!!」
何も知らない子分の二人が早まってしまいました。

_3_0027

(偶然居合わせた少年が二人を見物しています)
レンじぃ「何見てんだテメー!邪魔だからあっち行ってろィ!」
イッチー「そうだ!俺達はビャクヤっちゃまを取り戻しに来たんだ!」

_3_0024

グリムジョー少年「うおーっ!!」 (ドサっと倒れる)
イッチー&レンじぃ「!!?(なん…だと…?)」

_3_0032

七緒婦警「キャー!!署内で発砲事件発生ーッ!!」

_3_0015_2

レンじぃ「ヤベーッ!!ズラかるぞ一護ぉぉー!!逃げろー!」

_3_0020

イッチー「!!(撃って無いのに…倒れた…だと…?)」

_3_0017_2

七緒婦警「待ちなさい!そこの二人ッ止まりなさい!」

_3_0019

七緒婦警「駄目だわ…逃げられてしまいました」
(一方、釈放が決まったビャクヤっちゃまは…)

_3_0036

ビャクヤっちゃま「この借りは返す。感謝する、ゴールド浮竹」
ゴールド浮竹「ハハハ!別にいいさ!息子が世話になったしね」
(何も知らずに出所を喜んでいました。)

_3_0029

(一方、倒れたグリムジョー少年は…)

_3_0035

「痛ってェ… さっき食ったバナナの皮でコケちまった」
(なんと!彼はバナナの皮で転倒しただけでした)

~つづく~

« シムピと涙と再インストール | トップページ | 第22話 塀の外の懲りない面々 »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412635/38430737

この記事へのトラックバック一覧です: 第21話 かちこんですまん!ビャクヤっちゃま家:

« シムピと涙と再インストール | トップページ | 第22話 塀の外の懲りない面々 »