« 第1話 藍染パパファミリー  | トップページ | 第3話 藍染パパファミリー  »

2010年12月12日 (日)

第2話 藍染パパファミリー 

海よりも深い謎を秘めて、新天地に引越してきた藍染パパ一家。
今日から皆で住むことになったマイホームは、和の風情漂う古民家です。

~お家紹介~

_1_0007_5

~玄関&茶の間~

_1_0051

_1_0050

~台所~

_1_0002

~藍染パパの部屋~

_1_0017

~藍染パパの押入れ~

_1_0018

※藍染パパの押入れには、極秘購入したクリスマスプレゼントが。
 子供たちには完全に秘密にしている。
…しかし、そんな父の様子に「不信感を抱いた大きい子供たち」が
 極秘ガサ入れを決行。
 なにもかもバレている。
 
~長男・市丸ギンの部屋~

_1_0048

家族間ガサ入れが日常茶飯事の藍染パパ一家。
(主に乱菊姉さんがくまなくチェック)
見られて困るものなど置かぬ!
流石は大家族の長男。

~長女・乱菊さんの部屋~

_1_0052

引越し早々、混沌を極める乱菊姉さんの部屋。
趣味はショッピング。藍染パパの元には多額の請求書が…
しかし、お説教してもムダ。
若い女性がドレスにお金をかけるのは当たり前なのである。

~次男・修兵の部屋~

_1_0010

目指すはロックミュージシャン。
昼夜を問わず、爆音で音楽をかけては家の壁を振動させている。
時には茶の間でギターをかきならし、
三男イヅルのピアノと猛烈な不協和音を奏でている。

~三男・イヅルの部屋~

_1_0049

長男、市丸ギンを見習ってシンプルにまとめたイヅルの部屋。
内心では和風より洋風好きで、貴族の城館のような家に住みたいらしい。
野菜を育てて改築費用の足しにしようと心に決めている。

~ちびっこコンビの部屋~

_1_0020

隣は藍染パパの部屋。
ピンクの壁紙はお兄ちゃんお姉ちゃん達が貼った。
壁に棚を取り付けてくれたのはいいけど、力任せに打った釘が
壁を突き抜けてお父さんの部屋に貫通した模様。
はやく修理してほしいと子供心に祈りながら、
乱菊お姉ちゃんとイヅルお兄ちゃんの畑を手伝っている。

~カマドで焚くお風呂~

_1_0009

~乱菊姉さんとイヅルの畑~

_1_0024

どこからともなくやってきた、不思議なチョコボたち。
農作業を手伝ってくれることになった。
この畑で高級ブランド野菜を作り、家を大きくする。
そんな二人の決意にチョコボも賛同してくれたようだ。

~つづく~

« 第1話 藍染パパファミリー  | トップページ | 第3話 藍染パパファミリー  »

シムピープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1話 藍染パパファミリー  | トップページ | 第3話 藍染パパファミリー  »